アウトドアデイジャパン 札幌 2020 出展募集案内

国内最大級のアウトドアイベントです

" アウトドアデイジャパン/OUTDOORDAY JAPAN " は出展者の製品やサービスを、来場者に「見て」「触れて」「知って」いただき、その魅力を存分に伝えていただく、国内最大級のアウトドアイベントです。

アウトドア経験者には、アウトドアギアが一堂に会する貴重な場として認知され、初心者には、まるでキャンプフィールドに来たような実体験をとおして、アウトドアの理解を深めていただくイベントとなっています。

2001年より、東京・代々木公園イベント広場を主な会場として開催しております当イベントも、今シーズンで20回目。イベント名称を現在の「アウトドアデイ ジャパン」に変更して規模がスケールアップした2011年から数えて10回目を迎える記念すべき年となります。
2019年5月には中部地区初となる「名古屋」での開催を実施。2015年から開催の「福岡」「札幌」とあわせて、全国4ヶ所での展開を進めています。

札幌では2019年に第5回を開催。札幌はもとより北海道一円から2日間で 25,087名の方々にご来場いただき、北海道におけるキャンプやアウトドアへの関心の高まりを感じることができました。

出展は、アウトドアギアメーカー、アウトドアアパレルブランド、自動車メーカー、地方自治体、全国のキャンプ場、NPO法人等各種団体、アクティビティ関連サービス事業者など、多種多彩なアウトドア関連事業者の方々にご出展いただいています。

テーマは「体験」「体感」

"アウトドアデイジャパン" は、「展示型」のイベントではなく、「体験型・体感型」のイベントにしていくこと、なっていくことを重視しています。

そのため出展者の皆様には、PRのコンテンツを展示するだけではなく「体験型・体感型」にして、ご準備いただければと思っています。

出展者皆様の製品やサービスを来場者の方々に「体験」し「体感」し「知って」いただくことで、パンフレットで見聞きしただけではない、その製品やサービスの本当の価値を知っていただくことができると信じています。それが当イベントの魅力ともなっています。

アウトドアデイジャパン の役割として

2011年4月、私たちアウトドアデイジャパンは、東日本大震災発生の1ヶ月後に東京での開催を行いました。

被災後、災害時に役立つグッズとしてアウトドア用品が多く買われましたが、購入された方の中にはその使い方がわからないまま所持されている方、間違った使い方をされている方、そのグッズの本来の実力を活かした使い方をされていない方などが数多くおられ、アウトドア未経験者だけでなく経験者においてもこういった状況が見受けられました。

そのようなタイミングで開催した "アウトドアデイジャパン東京2011" では、実際のアウトドアグッズやクルマを災害時に役立てる知識を身につけていただけたり、生きる知恵として備えておくことの大切さを伝えることができるイベントとなりました。

北海道においても2018年胆振東部地震などの自然災害により、災害時グッズとしてのアウトドア用品への関心がこれまで以上に高まっていると感じます。 "アウトドアデイジャパン札幌2020" では、アウトドアの経験やアウトドア用品やクルマの知識が災害時においても大切な役割を果たすことを、「体験型・体感型イベント」の強みを活かして伝えることができればと考えています。

アウトドアの知識や経験を日常的に身近なものとして備えておくためには、まずアウトドアの楽しさを知ってもらうことが大切です。"アウトドアデイジャパン" はそれができるイベントであると自負しておりますし、また、このイベントでの体験が、環境や自然との付き合い方を見直していただくきっかけとなれば、これ以上の喜びはありません。

アウトドアギアやクルマの安全な利用の広報的役割を担うとともに、アウトドア体験が災害時においても重要な役割を果たすこと、さらに、子どもの「生きる力」を育むことができることを繰り返し伝えていき理解していただくことも、"アウトドアデイジャパン" の役割のひとつだと考えています。

2020年は "札幌競馬場ターフパーク内" に場所を移し、6月6日・7日に開催!

2020年は、新緑美しい6月6日・7日に "札幌競馬場ターフパーク内(馬場内)" にて開催いたします。これまで開催していた "道庁赤レンガ庁舎前庭・北3条広場(アカプラ)" に比べ会場スペースが広くなり、よりスケールアップしての開催となります。車での来場の利便性向上も加わることとなり、これまで以上に来場動機の明確な、より "アウトドア熱" の高い来場者を迎え入れることができると考えています。

今回も多くの方々にご来場いただき、ご出展される皆様の製品やサービスの魅力を存分にアピールいただけるイベントとなることを確信しております。

一般社団法人日本オートキャンプ協会 会長   明瀬 一裕
アウトドアデイジャパン実行委員会 委員長   沖田 雅生

2020年 開催概要

開催日時
2020年 6月6日(土)・7日(日)
10:30~16:00(雨天決行) ※ペット(動物)を連れての入場はできませんのでご注意ください。(介助犬は除く)
会場

JRA 札幌競馬場

(札幌市中央区北16条西16-1-1)

●JR「桑園駅」徒歩約10分 ●地下鉄東西線「二十四軒駅」徒歩約15分 ●地下鉄「二十四軒駅」、JR「桑園駅」から札幌競馬場までの無料送迎バスあり ●駐車場 2000台あり(1日 500円) ●出展者用の駐車場別途有

入場料
  無料
主催
一般社団法人 日本オートキャンプ協会
〒160-0008 東京都新宿区四谷三栄町13-2 清重ビル2階

TEL:03-3357-2851 FAX:03-3357-2850

後援予定
  • 観光庁
  • 環境省
  • 北海道
  • 札幌市
  • 一般社団法人 日本自動車工業会
  • 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)
  • 公益社団法人 日本観光振興協会
ほか(順不同)
制作
アウトドアデイジャパン 実行委員会

過去の実績

来場者数

●2017年: 28,788人(土曜:晴れ、 日曜:晴れ)

●2018年: 29,783人(土曜:曇り、 日曜:曇り)

●2019年: 25,087人(土曜:曇り時々雨、 日曜:曇り時々雨)

出展者数
【 2017年:21 団体 】 【 2018年:29 団体 】 【 2019年:35 団体 】
過去の出展ブースやイベントの様子
こちらより昨シーズン(2019年)の出展者一覧やブースの様子をご覧いただけます。

2020年 出展料

※記載の料金は消費税込みです

一般出展

タイプ サイズ 出展料 備考
A 20m × 10m 1,100,000円 平場渡し
B 10m × 10m 660,000円 平場渡し
C 10m × 5m 385,000円 平場渡し
D 5m × 5m 220,000円 平場渡し
※「A」以上のサイズはご相談ください。 ※会場内に動物を入れることはできません。

キャンプ場出展(キャンプ場運営団体のみが対象となります。)

タイプ サイズ 出展料 備考
E 5.4m × 5m 110,000円 平場渡し
F 3.6m × 3.6m 39,600円 平場渡し
G パンフレット出展 16,500円 本部にて配布
※「E」以上のサイズはご相談ください。 ※会場内に動物を入れることはできません。

飲食出展

※今回、飲食出展の募集はございません。
  • 出展申込みをいただき、実行委員会から出展決定の通知後、日本オートキャンプ協会より請求書を送付いたします。
  • 5月1日以降のキャンセルにつきましては、所定のキャンセル料が発生いたします。
  • 代理店様を通してのお申し込みの場合、出展料はネットとなります。
  • 1ブースにつき1団体の出展となります。
    無許可で共同出展などされている場合は、出展を当日でも取りやめていただきます。

出展申込み

出展のお申込みは、下記申込みフォームよりお手続きください。

出展の可否や、出展に関する詳細については、受付期間終了後に改めて事務局よりご連絡いたします。
ご連絡は4月中旬を予定しておりますが、多数のご応募を頂いた場合、時間を要する可能性があります のでご了承ください。

申し込み期日は 2020年3月6日です。

※WEBサイトでの入力方法等、オンライン手続きに関するお問い合せは、お電話では承っておりません。
オンライン手続き(具体的な入力方法等)に関するお問い合せやご案内をお電話でご希望の場合は
お手数ですが「その旨」「ご連絡先お電話番号」等を下記メール宛てにご連絡ください。

募集要項ダウンロード

本ページの内容(募集要項)を、PDFファイルでダウンロードいただけます。

お問い合せ

アウトドアデイジャパン事務局

一般社団法人 日本オートキャンプ協会 内

〒160-0008 東京都新宿区四谷三栄町13-2 清重ビル2階

お問合せはメールにて承ります